記事一覧

余命佐久奈堕理特集

余命三年時事日記さんのブログです

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/12/31/1440-%e4%bd%90%e4%b9%85%e5%a5%88%e5%a0%95%e7%90%86%e7%89%b9%e9%9b%86/

引用
佐久奈堕理

初代開祖さま、神翁さま、神司の皆様、余命臣民の皆様 弥栄ましませ、彌栄ましませ

神翁さまにおかれましては正月御返上とのこと、誠に恐れいります。私にはご健康お祈りさせて頂くしか出来ませんが、何卒ご自愛を。人に言いながら私、現在風邪をひいて弱っております。気が張っている間はいいのですが、気が抜けた時にどっと来ます。ご用心を…。

クリスマスの夜中、うなされながら夢に”えいえいっ”の声?お..おう!と反応してしまいましたが、鬨の声が上がってしまった?三コウ軍(神・皇・光)の三巴紋が渦巻き呼吸しているやうな。駄目押しに、ぼうっとした頭で運転中 前車のナンバーが(り)の567。縁起のいい番号!と赤信号。左隣の車線に前と同じ車種、同色….ん!?県違いの(と)の567!!並んで止まるこの偶然。しかも左からと、り、の567。酉は567(弥勒)超絶なる暗示かな?345はどうした??

”神示にある事先繰り出てきてキリキリ舞せなならんぞ”

本年これでと言挙げしながら、(早う御用致さぬかい!)と先祖に尻を蹴飛ばされたやうなこそばさに前言撤回し、鼻声混じり今日は秀真伝(ト)の教えについてと皆様の初詣のお願いに参上致しました。(長いです。御免なさい。)

神示にある“國土が出来て初めに生えたのが松の木であったぞ”

まつ=待つ、纏ろう、服らふ。神世初代天皇國常立之尊の御代は今の三種の神器、剣の位置はトのヲシテ(おしえ)でありました。ホツマツタエに代表する神代文字ヲシデの(ト)は読売巨人のロゴのGを□に変えたやうな形です。Yは(かける)宇宙からの気を集める形で、□はそれを束ねる

意味を持ち、収穫を集積して分け与へる精神を一文字で表しております。

懸税をかけちからと読みますが、神宮へ懸け穂を収める(かけほY)もこれとは無関係でないと思います。税とは国家繁栄の力なり。

時代が下り八神子の國叉槌の御代には権利を主張する声が出始めます。

なし崩しに邪気が凝り固まって人の心に徴魔がかかり、治安の悪化に人々は祈り待ちわびます。断罪の象徴としてトの教へから槌へ変わります。

”夫れ神は唯一にして御形なし、虚にして霊あり。国常立の尊を拝し祀れば” 稲荷大神秘文の冒頭ですが、それ神は一柱(夫婦神でない)実態のない霊であると示されております。心に神の降臨を待つ気持ち=待つの気が芽生えたことの意(神と纏ろう)とも取れるのではないかと私は考へております。最後に”私を親しむ家を守護し年月日時災いなく”と結び、現幽(身心)共に歩む姿がこの国の在り方だと諭しているのでは無いかと。

我楽多民族の繁殖に悩む現在、トの教へでは立ち行かず、槌になり鉾になり、剣となりなり銃となった経緯からも現在世の末期であるは明白です。このままでは神も目開けて見ておれん酷いことになるとあります。

だからこそ、今、神に纏ろうて居らねばならぬと考へる訳であります。良識のある日本人としての誇り=御蔭。くれぐれも戴いている御蔭落とさぬやう皆様にも諄い様ですが気をつけておきます。



佐久奈堕理

神翁さま、難解な文となり、すみませんでした。

事実、私自身時節の加減から焦って進展を急いでおります故、結果そうなるのですが、神翁さま、神司の皆さまの霊的側面に訴えております事なので、今解らずとも良いのであります。

ほぼ、難解であろう部分は大方申し上げましたのでお知らせ致します。

”日本に立ちておる守護神さまが気付き始めたら、バタバタに埒開くぞ”

との御神示の下の御用です。ここ余命の皆様は間違いなく元つの神の御霊系の方々、世に出ている守護神さまであります。その神業の裏御用の介添え役をさせていただいておるのであります。

時節が来れば必然的にご理解される事でありませう。皆様は宇宙の開闢の時より大神さまと共にあり、大神さまとはたらくと申された同志であります。あ、宗教勧誘ではないですよ。(笑)

困った時の合言葉(天の日月の大神さま、守り給へ幸はへ給へ)

今、世界の海で大量死が進行中です。地軸もロシア方向へ急速に傾き始めて居ます。早く日本が、天子さまの目覚めによって國土を建て替えねばなりません。そのため、何より国の掃除、個人の身魂の掃除、神祀りが最優先なのであります。まとめると、日本人は皆神に纏ろい禊祓いせよ!をスローガンに一致団結する時と申したいわけであります。

神翁さま、神司の皆さま、ほんにありがとうございます。

(理解度ゼロとは申されますが、かなりご理解されておるやうに感じております。)

引用以上
   他の人たちも理解しきれていないようです。笑
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント