記事一覧

余命2017/1/8アラカルト②

余命三年時事日記さんのブログです
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/01/09/1458-201718%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a1/
引用

.....ここまでくると、もうゲームだね。



.....まだ、韓国政府、軍の機密通信情報は完全に暗号化されておらず、米に筒抜けのようだ。政府の混乱により、あらゆるセキュリティが甘くなっており、その影響もあるだろう。共和党はブッシュの時から韓国撤退を決断しており、現状、撤退を加速することはあってもそれを覆すような要因はない。
とりあえず予定通り、親韓リッパート駐韓米国大使の離任は確実だね。



.....国政と都政をごちゃ混ぜにすると政治家の姿勢と方向が見えなくなる。政治は対決と妥協で成り立っているから、一つ一つの事象に惑わされず、一喜一憂しないことだ。 基本の姿勢が都民本意であれば、よしとすべきであろうし、自民党もすべてが悪ではない。国政で言うならば、外国人勢力が口出しをすることが問題なので、いいも悪いも日本人が決めるのであれば問題ではない。



.....100枚以上の告発状が送られるので署名捺印して返送いただければ結構である。



.....ありがとう訂正した。



.....もう、隠しようがないね。相手が乗っ取りを謀り、共存共栄を放棄している以上、安倍総理の手法は最善のシナリオであることを確認すべきだろう。
自民党内の親韓、親中議員が相次いで安倍支持を表明しているが、ここは勝ち負けではなく日本人としてどうあるべきかという視点で評価したい。
良くも悪くも日本の国の将来は日本人が決める。他国の干渉は徹底的に排除しなければならない。数年前社民党、民主党(現民進党)という悪夢の売国政党に乗っ取られ、土俵際まで追い詰められ、徳俵、つま先一本から反撃を開始した。ざっとみて、数千人の売国日本人の存在は今なお、増え続けている。しかし、悪しき三年を経験した日本国民の覚醒も加速している。
第三次告発では、外患誘致罪から現実的な内乱罪、恐喝罪、テロゲリラ関連法、公選法、その他すべての刑事犯罪が付加される。
法が正しく執行されれば世の中が大きく変わる。しかし、すべてが剥奪され無となる勢力は徹底して抵抗するだろう。当然暴発もあるだろうが、粛々と進めたい。

引用以上
   過去に外患罪での告発は受理されました。不起訴に成りましたが、「受理された」と、いうことは現在でも外患罪を受理すべき環境で有ると言えます。各知事や弁護士会の行動は事実関係では疑いの余地はありません。外患罪→受理→起訴→有罪→死刑。今は最初の矢印の所で「何故か」返戻されていますが、地方検察の上に行けば動き出すと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント