記事一覧

在日の納税

あじあにゅーす2ちゃんねるさんのブログです。
http://asianews2ch.jp/archives/47037636.html 
引用

給料天引きだから、一応納税するけど、税務署に行って親族への仕送りの証拠、

例えば銀行の控えなどを添付すると、1ヶ月15万円までなら全額還付される。 

つまり、1年で180万の税金を納めたとしても全額還付される。 
在日は全員やってるよ。
一度税金を納めてから全額還付。彼らが「俺たちだって税金を払ってる」と言うのは、この「一度納める」ことを言ってるわけ。 

1年で180万の税金を納める人って、かなりの高収入者だよな。それが無税になるんだぜ。 
もう少し詳しく書こうかね。 
在日外国人が本国の親族に仕送りした場合、税金から控除するという特例があるんだそうだ。 

所得から控除じゃないよ。
例えば、保険料は、所得から控除して残ったものに税金がかかるだろ。 

税金から控除は、その月に税金を2万円払ったとすると、2万円から(15万円を限度として)控除を受けられるから、その月の2万円は丸々還付されるんだ。 

15万円というのは「常識的な額」と決められているから税務署では15万円と決めている。 

だから一月最大15万ずつ控除を受けると、年に最大180万円の控除が受けられる。 
在日韓国人は、民団の指導でみんな知っている。 
では、韓国に親戚の居ない在日はどうするか。 

もちろん、「親戚代行会社」があるから、そこに仕送りして、手数料を払って、ほぼ全額を送金し直してもらう。 

その一方で日本の税務署に全額還付してもらうから、在日は無税なんだよ 
引用以上
    これも、在日特権のひとつです。

     拡散希望します。
妖怪ウォッチ#96を見ながら。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント