記事一覧

北の脅威

豆腐おかかさんのブログです
http://meron.vanillapafe.info/archives/9467 

引用

安明進という元北朝鮮の工作員によると、日本にいる工作員が爆破行為とかテロ行為はいつやるのかという質問に対して、 朝鮮戦争がはじまり、在日米軍基地の機能を停止するときか、アメリカや韓国に金正恩が殺されそうになった時だと言ったそうです。
在日米軍の機能を停止するのは、北朝鮮にしたら至上命令です。
在日米軍があったから北は勝てなかったんだと、理由がはっきりしています。
トランプが金正恩首チョンパ作戦を実行したときがやばいですね。
日本では北の工作員によるテロが起こされることになります。
 
送電線の鉄塔のボルトが抜かれたり、緩められたりという不可解な事件、それから鉄道関連のおかしな事故などがありました。
あれは実は工作員の実験の可能性が高いということです。
どのくらいで発見されるのか、どのくらい交通に影響があるのかなどを見ているそうです。
首都圏の交通を麻痺させるのは実は簡単にできるのだそうです。
実際に犯人は逮捕されずに、こっそりとやり遂げています。
日本人が何も知らない間に、工作員たちは着々と準備を進めています。
本当に恐ろしいですね。
 
2時間目は軍事的なお話で、専門的なことが話されていましたが、大事なことは、
いままでの液体燃料ではなく固体燃料になったこと。
これによって液体燃料のように発射直前に注入する必要がなく、すぐにミサイルが打てる。
またミサイルを撃つ準備をしているかどうかの動向もつかめない。
どこから、いつ、どこに飛んでくるのかわからなくなったということです。
そして用田元陸将がはっきりといっています。
北朝鮮ミサイルの標的はアメリカではなく日本だと。
アメリカまで届くミサイルをもちながら、実際は日本に打ち込んでくると、こういう脅しを仕掛けてきているんですね。
日本から金を吸い上げ、技術を盗み、米軍がなにかしてきたら日本を火の海にする、とことん日本を利用しつくしています。
朝鮮学校に補助金をだしている場合じゃねーよ、全く。





ついに39号室のお話がでましたね。
ここのことは禁句でありタブーでした。
ここに集められたお金は、金一族の贅沢な暮らしにも使われていると言われています。
 
北朝鮮経済の要「39号室」、脱北者が明かす実態
朝鮮労働党39号室、ここには裏マネーが集められています。
お金の印刷やお薬の販売などで稼いだお金もここに集められています。
 
1990年ごろ朝鮮総連は高沢寅男代議士とともに国税に談判にいきます。
まだまだ朝鮮人が集団で襲ってくるが幅を利かせていた時代です。
そして五項目の合意という密約がかわされます。
朝鮮商工人のすべての税金問題は、朝鮮商工会と協議して解決する。
定期、定額の商工団体の会費は損金として認める。
学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。
経済活動のための第三国旅行の費用は、損金として認める。
裁判中の諸案件は協議して解決する。
脱税し放題ですねー。
そして浮いたお金は将軍様に献金をしなさいとなったのです。
ところがバブルがはじけ利益がでなくなり、脱税資金も思うように捻出できなくなりました。
それで次は朝銀を使い金を吸い取ることを考え付きます。
朝銀信用組合を破たんさせ、公的資金を流させる、これをやりました。
皆さんご存知の橋本龍太郎が3100億円、小泉純一郎が1兆500億円、国民の税金から朝銀信用組合救済のために使われました。
橋本龍太郎は中国女のハニトラにもかかり、中国にも多額のお金を流しましたね。
そしてこの焦げ付きはもちろん返済などできませんから、担保となっていた朝鮮総連の土地は売却されました。
ところがなぜかまだ総連は居座り続けています。
韓国からも北朝鮮は絞り上げています。
これらのお金の流れすべてに39号室がかかわってきたことが分かっています。
39号資金を枯渇させなければ、いつまでも北朝鮮にお金が流れ続ける。
アメリカはバンコ・デルタ・アジアを制裁
日本は安倍政権が総連を叩きます。
韓国は朴槿恵政権がケソン公団を閉鎖する
中国は物資のみの供給
これにより39号室資金が苦しくなっています。

引用以上
   大韓民国では明日3月10日に大統領の弾劾の可否が言い渡されます。ウオッチャーの見立てでは朴槿恵が弾劾されるとする記事が多いようです。私は弾劾されないと思っていますが、希望的ですかね?弾劾不成立→ローソクデモ過激化→大統領による戒厳令→軍事クーデター勃発→北朝鮮の南進→朝鮮戦争第2章「半島壊滅」という極々ささやかな望みしかししていないのです。笑笑。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント