記事一覧

農林10号

~ねずさん~のブログです
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2843.html?sp 
引用
当時、世界で生産されていた小麦は、収穫時の高さが120センチくらいある、背の高い小麦でした。

ところが日本で開発された「農林10号」は、背丈が60センチくらいしかありません。

そのくせたわわに稔る実は、米国産の小麦の5倍の収量がありました。
このことは小麦の栽培にあたってとても重要なことです。

背丈が半分ということは、体積の関係で、地面から吸い取る栄養分が背の高い品種の八分の一で済むからです。

背が低い分、葉や茎に要する栄養分が少なくて済むのです。 
引用以上
    今の人口が70億人に増えた理由の一つが、農林10号によるものだと思います。衛生や医療の進歩、通信・運輸の発展などを勘案する必要はあるでしょうけどね。

   歴史にレバ・タラは禁物とは言いますが、終戦があのタイミングでなかったら、今とは全く違う世界になっていたでしょう。

プリズマイリア#1を見ながら。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント