記事一覧

死刑執行

日本と中国~さんのブログです
http://s.ameblo.jp/anti-ccp/entry-12108786498.html 
引用
■東條英機(陸軍、第四〇代内閣総理大臣)
罪状:ハワイの軍港・真珠湾を攻撃、米国軍隊と一般人を殺害した罪。
判決:死刑
(それなら原爆投下や都市部への無差別空襲は戦犯ではないのか?)
■板垣征四郎(陸軍、陸相(第一次近衛内閣・平沼内閣、満州国軍政部最高顧問、関東軍参謀長)
罪状:中国侵略・米国に対する平和の罪
判決:死刑
(平和政権である汪兆銘政権をないがしろにし、毛沢東の八路軍と結託した蒋介石に武器弾薬を裏から与え、支那を戦乱の渦に叩き込んだ米国には罪はない?)
■木村兵太郎(陸軍、ビルマ方面軍司令官、陸軍次官(東條内閣))
罪状:英国に対する戦争開始の罪
判決:死刑
(戦場になったのは、英国ではなくビルマなど東亜諸国です。そこを侵略し支配下に置いていた英国を追い出したのは日本です)
■土肥原賢二(陸軍、奉天特務機関長、第一二方面軍司令官)
罪状:中国侵略の罪
判決:死刑
(支那への日本軍の駐屯は、各国と足並みを揃えたいまでいうなら国連PKOのような形での駐屯です。
それが侵略というなら、当時支那に派兵していたすべての国が罪となるはず)
■武藤章(陸軍、第一四方面軍参謀長(フィリピン))
罪状:一部捕虜虐待の罪
判決:死刑
(日本自体がたいへんな食糧不足な中で、ゴボウを糧食に出したことが、木の根のような粗末な食い物を出したという裁判は、誰がどう見ても異常なのでは?)
■松井石根(陸軍、中支那方面軍司令官)
罪状:捕虜及び一般人に対する国際法違反
判決:死刑
(実際の戦記を調べて見ると、松井大将ほどハーグ陸戦条約を遵守した大将は、世界に類例がないのでは?)
■広田弘毅(第三二代内閣総理大臣)
罪状:近衛内閣外相として支那での残虐行為を止めなかった不作為の責任
判決:死刑
(それなら日本人に対して戦前戦後になされた不条理は誰がどう裁くのか?)
引用以上
    七人に死刑が執行されたのは12月23日でした。次期天皇となる皇太子殿下の誕生日にワザと執行する、いやらしさ、エゲツなさは日本人を貶める為でしか有りません。
おそ松さん♯12を見ながら
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント