記事一覧

日韓外相会談の米国対応

楽韓~さんのブログです
http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/4990812.html 
引用
あれ、アメリカ政府がここまで言及するとはちょっと意外です。……けっこう本気なんですね。
国務省の副報道官による発言。
日韓がようやく合意したのだから、アメリカ国内の韓国系団体も大概にしておけよ、という話ですね。
2月のシャーマン発言も国務省次官によるものでしたが、外交の現場の国務省では相当にいらつきがあるのかもしれませんね。
韓国人と韓国系はもういい加減にしろと。
州単位での行動に連邦政府は手出しできないのが原則なのですが、その原則を破ってまで民間の団体に「活動を自粛しろ」という話をしてしまう。
まあ、そんなものを聞き入れるような連中ではありませんが。
ただ、今回の日韓間の慰安婦合意に対してアメリカの本気度はかなり高い、という認識はしておいたほうがよさそうです。
そして、韓国側がより問題を難しくしているという認識がアメリカ政府にあるというように考えてもいいんじゃないでしょうか。
シャーマン発言からこっち、こういう認識が浸透しつつあるのはなかなか面白い構造ですね。 
引用以上
   今回の外相会談に米国が裏でシナリオを書いていたと言われていますが、その傍証になるかと思います。来年の正式な合意文書を待つとしましょうかね。
牙狼アニメ♯10を見ながら
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント