記事一覧

日米地位協定

農と島のありんくりんさんのブログです
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/610475/515571/84705293 
引用
私は日米地位協定をきちんと改定しないで、沖縄県民の基地に対する理解を得るのは難しいと思っています。 
今まで現行協定では、米軍人の「柵の外」、つまり日本の主権内で起きた犯罪に対しても、米兵に限ってわが国の司法がこれを裁くことが出来ませんでした。
いや、正確に言えば、裁判自体はできますが、まず最初に裁判する権利は、米兵に限ってまず米軍が裁く権利を有します。  
これを「1次裁判権」といいますが、これを日本はこと米兵に対してだけは例外として持ちません。
同様に、被疑者の身柄の確保も、現行犯で日本警察が米軍より先に身柄を押さえない限り出来ません。 
ですから、いったん「柵の中」に逃げ込まれたら最後、身柄の返還は米軍が裁いた後に「返してもらえるかもしれない」ことになります。 
この地位協定によってどれだけ沖縄が悔しい思いをしてきたことか。この日米地位協定の改定は、いわば沖縄の悲願だったといっていいでしょう。 
引用以上
   私もこのブログ主さんの意見に賛成します。米軍基地内の事件ならば、日本国内の事でも米国の法律で裁くのも有りでしょう。しかし、基地以外での犯罪は、日本の法律で裁くべきです。沖縄に限らず、米国基地の有る他の都市でも悲願だと思います。
無彩限のファントム・ワールド♯6を見ながら
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント