記事一覧

拡散希望パチンコ利権

井上太郎さんのブログです
http://garo.co.jp/inoue/?p=2619
http://garo.co.jp/inoue/?p=2621
http://garo.co.jp/inoue/?p=2623
引用
三点方式にしたのは暴力団による景品買いというしのぎを取り上げ、暴力団が介在する余地を無くす為です。この方式が出来るまでは例えば景品で交換したタバコを暴力団が6割程度で買い、その買ったタバコをタバコ販売店に8割程度で売るという仕組みが全国にいきわたっていたのです。

一見グレーとも思えるかもしれませんが、こうした背景の三点方式の歴史と実情も知らず批判して、国民をあらぬ方向に向けようとすることに腹が立ちます。さらに警察とパチンコの癒着とデマを流し、警察を敵対視する仲間を増やそうとしているのは反日的行為に他なりません。


本来警察の役目は行政手続法にのっとり許可申請の要件さえ満たしていれば必ず受理し粛々と事務を行ないます。しかしパチ屋や風俗の営業の許可等には、警察は可能な限りの嫌がらせをします。

戦後からの警察と朝鮮人の対立は、歴史でもあり、日本国民でもなく、外国人としても極めて犯罪率も高く絶対に融和することなどありえません。 警察は在日を逮捕すれば昔から○○こと●●と通名と本名を発表しています。報道しないのはマスコミです。


よく警察官僚が日本遊戯関連事業協会に天下りをしているといわれます。この協会は全国に支部もありますが組織としては決して大きくはありません。いかにも警察からだけが天下りしているかのごとく言われますが比率としては高くありません。疑問な人はきちんと自身で調べてください。そして調べた上で警察は天下りしているというなら構いません。他の省庁、例えば財務省から、金融関係というようにその比率と人数等比較していってもらいたいと思います。そしてその天下る意味も充分に考えてもらいたいと思います。

警察を批判しても日本と日本人にとって何にもプラスになることはありません。批判する人は、警察が南朝鮮人の経営するパチンコと癒着して、違法を見逃し日本を悪くするといって、国民から警察を引き離そうとしている諜報で嵌めようとしているのです。


国民の声という後押しは必ず行政に伝わります、一緒にパチンコ廃止に向けて声を挙げ続けましょう。警察もその声に押されてどんどん取締りをします。廃業にもっていけるのは国民の力といえます。パチンコは絶対に廃止です!!!
引用以上
   私もこの諜報に今の今まで嵌められていました。
    orz
    反省します。
    ごめんなさい。
    私が悪うございました。
    お詫びに拡散希望します。
    皆さんもお気をつけ下さい。
虹色デイズ♯12を見ながら
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント