記事一覧

とんでもない帰化人

なでしこりんさんのブログから
https://t.co/VpEXk4bIbH引用の
終点ブログさんのブログです
http://s.ameblo.jp/momosabu39/entry-11285753648.html
引用
日本人を差別して死ぬのが夢と語ったむくげの会会長 李 敬宰。

このとんでもない帰化人の第2弾。
まずは、問題の発言のおさらい。
「ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、 外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。

というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。

ある統計では、100年後には5人の内3人が外国系になるといいます。

そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。

だから、私はあと100年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。

これが夢です。(笑)

そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。

こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか」

(2001年12月14日18時30分~ 京都YWCA 在日外国籍市民の参政権を考える連続講座)
引用以上
こういう在日が、日本の参政権獲得や帰化を計画しています。いい在日もいるかも知れませんが、スヒョン文書の例もあります。

スヒョン文書

これからは「私たち在日も日本に貢献していきますから手を取り合いましょう」というメッセージが必要でしょうね。

日本に対して姿勢を低くするのは我々の自尊心が傷つくものですがそれも数年の辛抱です。
ご注意、ご注意。
WORKING2期#13を見ながら。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント