記事一覧

90001

さくらの花~さんのブログです。
http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34319963.html
引用
特に今の日本の外務省や大使館はあてにならない。

しかし昔の日本人には凄い人がいた。「サムライ外交官」と呼ばれた堀口九萬一だ。九萬一と書いて「くまいち」と読む。
  1913年、メキシコで軍事クーデターが発生し、マデロ大統領が殺害されると、その夫人と子供達など親族20人が日本公使館へ駆け込んで来て助けを求めました。
  当時、メキシコ公使だった堀口九萬一は公使館の表玄関に日の丸の旗を敷いて立ちふさがり、押し寄せる武装革命軍に対して「彼女達を捕まえるならば、私を殺して、日本国旗を踏んで館内に入るがよい。日本と戦争する覚悟でやれ」と一喝し、この気迫に負けた革命軍は引き下がりました。
堀口公使はクーデター総指揮官と面会し「懐に入った窮鳥は殺せない。それが日本の武士道だ」と言い、夫人達の身の安全を保証させ、サムライ外交官と言われました。
引用以上
   拡散希望します
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント