記事一覧

余命対弁護士会朝鮮学校

余命三年時事日記さんのブログです
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/10/11/1176-%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e4%bc%9a%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e8%a3%9c%e5%8a%a9%e9%87%91%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8/
引用
諸悪根源日弁連が馬脚を現している。

外患罪適用条件下では間違っても朝鮮関係事案、特に朝鮮学校補助金の関係は危険きわまりないのに、ぞろぞろと動き出している。

日本人を馬鹿にしているのか、単に朝鮮人の手先なのかは判然としないが、いずれも「朝鮮学校に対する補助金交付決定のすみやかな実施等を求める会長声明」として事実関係がはっきりしているので、告発について事実関係の争いはない。よって外患誘致罪での告発は検察への告発状提出で完了する。

後は検察にお任せだ。なお地方弁護士会の後には日弁連会長も付記する。地検にお仲間がいっぱいいても、売国奴告発事案は簡単に不起訴とか起訴猶予はむずかしいぞ。

なお、支給の事実が明らかであればたぶん知事になると思うが、容認した最高責任者も対象となる。まあ、共々告発して「果報は寝て待て」ということになる。

売国奴弁護士という看板はしゃれにはならないと思うが在日や反日勢力に対する宣伝にはなるだろう。さすが弁護士だ。商売がうまいなあ(笑い)
引用以上
    各弁護士会が朝鮮学校に対する補助金を交付するように声明を出しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント