記事一覧

余命人権擁護局と公明党

余命三年時事日記さんのブログです
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/11/03/1259-%e4%ba%ba%e6%a8%a9%e6%93%81%e8%ad%b7%e5%b1%80%e3%81%a8%e5%85%ac%e6%98%8e%e5%85%9a/ 
引用

.....2012年、民主党野田政権が突如として政権を放り投げた。巷間、驚きとともに勝ち目のない選挙になぜ?という中で一番可能性があったのが自衛隊クーデターの噂であった。選挙が自民党の圧勝となったあと、民主党のかなりの政治家が当選落選を含めて亡命打診に走り回ったというから、かなり悪さをしたという自覚があったのだろう。そりゃ国家機密を垂れ流ししていれば逃げたくもなるだろう。
この時に民主党が韓国とペアで進めていたのが人権法であり、外国人参政権の付与の問題であった。自公政権のもとであからさまな動きができず、民団との約束事が遅々として進まない状況の中で、裏ではいろいろと細工はしていたようだ。それが法務省とタッグを組んだ人権擁護局である。ここを公明党で固めてこっそりと、という段取りが、民団の仕掛けで崩されてしまった。山口代表としてはあくまで水面下でと思っていたのだろうが、お礼を名目に民団が本部に乗り込んだ。民団としては共産党と公明党を巻き込んで競争させる狙いがあったのだろう。山口はみごとにはめられた。今も気がついていないだろう。
今後、公明党は政権与党という恩恵はなくなり、単なる反日政党という扱いになる。 

.....とにかく安倍総理はツキの塊のような人物だからな。余命が2015は極限値として、国内外の問題は2015年をもって収束し、2016年は精算の年としてきた。これは安倍総理の中韓は放置しておけば2016年には破綻するという見方とまったく同じである。
余命は安倍総理とも自民党ともまったくつながりはないが、この3年間というもの同じレール上を走っている。
安倍、麻生が日本立て直し、中興の名宰相として歴史に刻まれそうな流れとなっている。
引用以上
  
   
   中華人民共和国が毛沢東時代に尖閣諸島が日本領土と認めた地図をホームページhttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/senkaku/pdfs/senkaku.pdf
にウプしたり消したりしています。また、消さないよう監視しましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント